プロフィール

桜井くみ   はり灸マッサージ師 ヨガインストラクター と
林としひろ 
ヨガインストラクター の
二つの作業机にあるものを綴っていくブログ(2015.8〜)

2015年12月29日火曜日

今年は移住の年

今年もあと少し。
仕事もあと少し。

神戸に引っ越してきたのが2月末。
何とかこっちでもやっていけそうな気がしてきたのは結構最近。

鍼灸・骨盤矯正・小児はりの治療の仕事
ヨガクラスをやること
ともにヨガとカラダに携わる人を育てること
ヨガを通して社会を少しでも良くしていきたいということ


神戸で出会った人たちと
神戸に引っ越しても変わらず一緒に仕事をしてくれる東京の仲間のおかげ。


大変なこともたくさんあるし
迷惑かけちゃうこともたくさんあるけど
引っ越してよかったなあ。












2015年12月23日水曜日

人って変わるのね

クリスマスですけども
実家は洋菓子屋だったので
むしろ一年で一番忙しいとき。

自分が働きだしてからも
人が休んでいるときに働く仕事なので
関係ない

って感じでずっと来てたけど
これからはそうはいかない

というのがよくわかりました。。











いろんなところに並んでいる人
いつかあれをやらなきゃいかんのか。。。
やっちゃうんだろうか。。。
と思ったけど

むしろ
率先して並んじゃったりするのかもしれない。
並ぶなんてまずしない方だけど
張り切ってやっちゃうかも。
人間変わるのね。。

自分の殻をぶち破る何て言うけど
そんな殻なんてないのね。

その頃は何がブームなのかなー。










2015年12月15日火曜日

今年最後の子連れヨガ

もう早いもので
今年最後の子連れヨガ。
満員御礼です。

おもちゃもスタンバイ。










何度か参加して頂いてると
お子さんも場慣れしてきて
一人で遊んでくれます。

その間に大人は自分のために頑張る。
そして休む。










何もしない時間を作るのは結構難しい。
眠りに落ちるのではなくただ寝ている時間。
息を吸って吐いて、ただ寝る。

それができないという人も多い。

次はこれをしなきゃ、あれもしなきゃって
次にやること考えたりするとじっとしていられない。










忙しいことと休めないことは違う。

休むときは休む。
休もうと思えば休める心身の状態にある方がいいに決まってる。

やるときはやる。
休むときは休む。
なのでお子さんと一緒に自分が休む時間を作る。
がんばって休む。
そうすればいつか必ずそれが訪れる。










お家でも
覚えているポーズとか呼吸とか
やってみてくれるといいなあ。


年末年始は何かと忙しく
腰痛とかカラダの不調が起こりやすい時期。
お互い気を付けましょう。
そういう私が最近ちょっと腰痛。

来月は1月12日と29日。

ご予約はこちら



2015年12月11日金曜日

お家で小児はりをやってみよう

神戸に引っ越してきて
小児はりは関西主流だしどんな感じかなーって思っていたら
意外とみんな知らない。
だからみんなでやってみようの会をやってみたら満員御礼でした。










肌に丁寧に触れる
ということをしていくと
不思議といろんなことが察知できるようになる。










肌の感じから
なんかいつもと違うな、とか
熱でそうだな、とか
お腹張ってるな、とか。

そういうことは、繰り返し触っていれば誰でもわかるようになるし
何より、その子のことはお母さんが一番わかる。










調子が悪いっていうのがわかっていたら
ちょっとぐらい機嫌の悪い日も
仕方ないかってイライラせずにも済む。


もちろん
小児はりも専門家に委ねた方がいい場合もある。
症状によって医師の診断や薬が必要なときもある。

反対に
病院に行ってもなあ。。ってことも
薬じゃ治らないけどな、このままじゃ親がしんどいってこともたくさんある。










大事なのはその見極め。
それには親も経験が必要なのよね、きっと。
まだまだ、私も修行が足りませんです、はい。


まずはお母さんも自分の肌でも感じてみて











ちょっとの時間、肌の触れ合いに集中して













なんか楽しそう。そう、楽しいのが一番。












子どものあんな時、こんな時
子育てはまだまだ新米ですけども
カラダのことからだったらなんかお伝えできるかも。


今回来れなかった方も多いので、またやろうと画策中。



2015年12月5日土曜日

ヨガをしよう

年内の子連れヨガ@マリンピア神戸@さかなの学校
は満員御礼でございます。
ありがとうございます。
来年1月はまだ受付中です。


子連れヨガとはいえ
子どもは関係なく、やるのは大人。
みなさまのお子さんが泣こうがグズろうが、クラスは進めていきます(笑)

そういう時間もあっていいんだと思うんですよね。
どんな人だって
自分中心の時間は必要だし。

子連れヨガ
みんないい汗かいてるし。


はーって
ため息つきたくなる朝もあるし。










エックハルトトール曰く
子どもは親という役割を演じるよりも、人間であってほしいと望んでいる。いまに在れ、と。


親であろうとすること自体が役割だよねーって
大抵のマストなタスクってこっちの都合でいまは見てないもんねーって
エゴだよねーって

はーってしたいときもお陽さんはそこに在るし。










ドラマの中の加瀬亮みたいに「あーっ」て一人で言っちゃってるときも陽は沈んでるし










いまを感じる。
いまをみる。
いまに在る。













そうだ
ヨガをしよう(笑)

そんな子連れヨガの詳細はこちら



そして
ヨガもカラダのことももっと知りたい
そんな方も一緒にヨガをしよう。


心と体っていうけど
体と心っていうのも良い。

体が変わると心も変わる。
体が変われば思考も変わる。
きっとそうなる。
そしてきっと社会はもっと良くなる。

本気でそう思ってやってます。

カラダを通して学べることはきっとまだまだある。
今は東京だけだけど来年はいろんな所で
そしていつか神戸でもやりたい。
そんなヨガとカラダのコースはこちら