プロフィール

桜井くみ   はり灸マッサージ師 ヨガインストラクター と
林としひろ 
ヨガインストラクター の
二つの作業机にあるものを綴っていくブログ(2015.8〜)

2016年2月16日火曜日

月のものについて思うこと。

月のもの
といえば女性には縁の深いもの。
ずいぶん長いお付き合い。

月経、月のもの。

陰陽では陰が月、陽が太陽。
陰が女で、陽が男。

インドでは
イダーが月で陰、女性性
ピンガラが太陽で陽、男性性。

とはいえ
男性にとっても無縁というわけではなく。


もともと日本の暦、旧暦は太陰暦。
月の満ち欠けと生活にもつながりがあったはず。

日本書紀にも
この世界の成り立ちをこんな感じで書いてある。

混沌したものの中から
軽く澄んだものが陽となって天となり
重く鈍いものが陰となって地となり
そこに神が生まれた。

この陰陽の気から、月と太陽が生まれ
さらに、木星、火星、土星、金星、水星が五つの星が生まれた。

というようなことが書いてあったはず。。。
かなりざっくりしてますけど。


暦の上でも
陰陽五行や神道や
現代まで残る風習を見ても

太陽や月とか
地球の周りにある星々の生活への影響ってあったんだろうなー
あるんだろうなー
って思う方が自然っぽい。

今は夜でも明るいし
そんなこと関係なく生きていける。
するとそういうカラダの感覚も鈍くなりやすいかな、と。


月の満ち欠けとお産の話なんかは有名だし
十五夜とか二十三や夜とかの月待とか
そんな信仰も今もなんとなく風習で残ってますけど。

それより最近は
スーパームーンとかブルームーンとか
いろんな呼び名があってもうわかりません。


ヨガのある生活をしている人とか
自分の体を大事にしようとしている人とか
こういう感覚をもっている人が多い気がします。

満月や新月とともに
月のものがやってくるとか
えらくだるくて眠いとか。

自分がそうなんですけども。

子供が小さいうちは
女性性とかホルモン分泌とか大暴走ですし(笑)
月とも仲良しなのかな
なんて適当に思っています。

そういえば
子供がまだ新生児という時期
新月や満月の時はえらく寝るので
母乳を飲むよりまず寝てるので
こっちは大変だった。
ただ単に寝るのが好きなだけか。













そして
なんでそんな月の話かといえば

産後のお母さん方の治療をする機会が多いのですけども
治療をすると月のものが再開する。
希望している人は。

不思議と
次の出産を希望していない人には
やってこない。

ちょっと馬力が足りないなって感じ。
欲しいって気持ちも馬力になるんだろうな。

治療の効果だけでなく
人ぞれぞれに
こうして欲しいなー、必要だなー
ってお願いするちょっとした生活の工夫を
やってくれていることもとても大きい。


もちろん、それだけではどうしようもないこともある。
気持ちだけではどうしようもならないこともある。

それでもカラダって素直で不思議だなあ
とつくづく思う。


「血の道症」って聞いたことがあるでしょうか?

月経・妊娠・出産・産後・更年期など
女性ホルモンの影響によって起こる心身症状をまとめて言います。

いくつになっても
出産経験関係なく
血の道を正す。
こういうこと。


陰陽でいえば、血は陰。
陰は月。
血の道、月の道。
やっぱり月のもの。


次の満月は2月23日。





2016年2月10日水曜日

神戸と東京 時々色んな所でやっています

昨日は定期開催のヨガ@マリンピア神戸。
強風の中お子さん連れのご参加ありがとうございました。



神戸に越してそろそろ1年。

東京には月2〜4回通って
他のいろんな所にも呼んでいただいてます。

TOKYOYOGAでは
YogaBody トレーニングコースの講師として
そしてこのコースの開発を担当。


たくさんの人と一緒に同じ目的に向かってやって行くこと
そんな面白さや自分では絶対できない変化や進化に
すげー
いつもって思ってます。


もともとフラフラした鍼灸師なので
基本ひとりでやっていたんですよね。


ヨガをやっていてよかったなー
って思うのはこんなこともあり。

人とのつながりとかチームワークとか
気づくとひとり突っ走ってしまうこともあるけど
それを諌めてくれる人もいるのがありがたい。











そんな生活の中でも

今住まいのある神戸で続けているヨガクラスと
はり灸・骨盤矯正・小児はりの治療でいろんな人のお宅に伺うこと。

これをやらせていただくことで
自分自身が浮つかず、地に足つけた生活ができているんんだと思う。


そういえばインドでは
ヨガしに来てる人の治療して生活費稼いだっけ。
いろんな国の人のカラダに触れて良い経験だったな。


東京でも神戸でも他の所でも
同じことができる。

周りの人の助けなしでは
こんな生活は成立しないよなー
気づかない所でたくさん迷惑かけているはず。。。
お世話になってます。








東京では
インストラクターコースの講義やWSがメイン。
神戸では
普通に?ヨガクスラスをさせてもらってます。

何人かの仲間でのグループレッスンとか
プライベートレッスン
お仕事先なんかでのヨガクラスなど
させてもらっています。



子連れだろうと何だろうと
ヨガしてます。










ヨガっぽい
のではなく
ヨガをしてます。


ヨガって何よ?
さあ、そんな方はやってみましょう。


頭で考えるより
一歩進んでやったほうが早かったり。


近日受付中のヨガクラス
2月17日。


定期開催の子連れヨガクラス@神戸マリンピア
次回は2月25日です。



















2016年2月8日月曜日

新たな講座が始まります

今まで知らなかったことを聞いた時とか
自分の中の常識が覆されるようなことを知った時とか

自分が知らないことや感じたことないことを
否定して無視することもできるけど

自分の選択肢のひとつとして受け入れていきたい
という姿勢を持っていきたいと思う。

人として
親としても
そうありたいと思う。


例えば
健康的な食事と思っていたものが
実はそうでなかったり。

これがいいって思っていたことが
まったく通用しないとか
通用しない人に出会ったり。

このアーサナはこうやるんだと思っていたら
違うアプローチに出会ったり。

そんなことってたくさんある。
ヨガでも人生でも。











こういう人にはこの方法
こんな人にはこの方法
この状態の人にはこのやり方

そんな風にカテゴライズしてハウツーを学ぶ
そのカテゴリーに当てはまらない人に出会ったら
また別のガテゴリーでハウツーを学ぶ
という方法もある。


できることならカテゴリーに関わらず

その時の自分にとって
その人その人の、その時その時にとって
必要なこと、最善と思われることを選択できるようになりたい。

選択するのは自分でありその人であり。

そのためにも
たくさんの選択肢を持っていたい
そんな風に思うようになった。

選択肢が多い、ということは
時に大変なことかもしれないけれども
それでも知りたいし
知ろうとしていきたい。


特にヨガという点では
流派ややり方の違いはあっても
辿る道のりはちがっても
その先には同じものが待っているのではないかと思う。

その人それぞれに選択があって目的もあっていいんじゃないかと。


その人それぞれに
カラダもココロも
個性もトラブルもある。

その時をしっかりと感じて選択する。


ヨガを伝える身ならば
その時のその人をしっかりみて
その人にとってより良いと思われる選択肢を提案できるか。

もしその選択肢ではあまり芳しくなければ
別の選択肢を提案して、提案する。

選択するのはその人自身。


その人をみて
その人に対応する。

そんなことしていくと
ヨガのクラスももっと楽しくなったり
クラスの幅が広がったり
自信につながったり。













ヨガはカラダだけではないけれども
カラダのことって苦手意識とか敬遠してたりしている人も多いけど
やってみると面白い。

自分やヒトのカラダを
どんな風に観察して考えていくか

そんなハウツーを身につけると
その後ももっと広がって進化するし
何より楽しい、はず。

YogaBody PRO
そんなことを学ぶ講座です。

カラダにまつわるお仕事をさせてもらって20年くらい。
すべて注ぎ込んで絶賛準備中です。













詳細・お申し込みはこちらYogaBody PROを御覧ください。






2016年2月3日水曜日

季節の変わり目はカラダも変わり目

今日は節分。明日は立春。
暦の上では春です。まだまだ寒いですけれども。

最近の土用の期間はいかがお過ごしでしたか?
土用は季節の変わり目の期間。それについてはこちらも参考に。


季節もヒトも
常に同じでいる訳ではなく
季節が移り変わるとともに、ヒトのカラダも変化します。

これからは
冬仕様のカラダから春仕様のカラダに移り変えていく時期。

冬眠しているクマが動き出すように
蓄えてきたものを発散する季節がやってきます。










エネルギーの流れは内へ内へ、から、外へ外へ。
カラダはいつも同じというわけではないのです。


そういうちょっとした変化に気付く。
気付けるようになるためには
同じことをやる、というのはいいと思う。

同じことを続けるからこそ
いつもとの違いに気付く。

次から次へといろんなことにチャレンジするのも楽しい。
でも続けなければ変わらないこともきっとある。
続けたからこそわかることもきっとある。


何でもいいけれども
ヨガ伝える身としてはやはりヨガをおすすめしたい。

毎日5分でも
毎日が難しくて時々だとしても

マットの上に立ち、そして坐る。
その時間がどれほど素晴らしいか。
そして贅沢なことか。













この冬に冷やしたり
食事がうまくとれていなかったり
疲れがたまっていると
蓄えが足りず春がちょっと辛くなってしまうかも。

対処するなら今のうちです。

とくに、花粉症などアレルギー体質のある方。
高血圧や低血圧などの体質の方。

考えてみれば
楽しい春なのにいつも体調崩したりするかも
なんて思い当たる方。

ここ2週間くらいの食生活がいつもと違ったなーなんて方も。

今のうちです、はい。

そういうのは
体調そのものだけでなく
カラダのクセとかバランスとか骨盤の状態とか
ホルモンバランスとか
素直にでるものです。


思い当たる節のある方は
ご相談くださいませね。


考えてみれば
ここのところ、子供の食欲が落ちたり
ちょっと軟便気味だったのも土用のせいか。。

とかそんな風に思えば
作ったご飯を投げられた時のイラっていうのも少しは減る、はず。


子どもの方が季節の変化には素直かもしれません。


神戸でのヨガクラスは
個別のプライベートレッスン、グループレッスンも行っています。
お気軽にお声かけくださいね。










月2回行っている子連れで参加できるヨガクラスが月3回に増えます。
詳細はこちらに。
お子さんと一緒じゃなくても是非。