プロフィール

桜井くみ   はり灸マッサージ師 ヨガインストラクター と
林としひろ 
ヨガインストラクター の
二つの作業机にあるものを綴っていくブログ(2015.8〜)

2017年1月29日日曜日

からだリーディング

資格目的ではなかったけど
勉強をすすめる延長線上で受けた試験で
分子栄養学 認定カウンセラーから認定指導カウンセラーへと昇格して
最近のお仕事も分子栄養モードです。

友人たちと
栄養カウンセリング。

その間子供らは
黙々と遊ぶ。















みんなであーだこーだ案を出す。
話は栄養だけにとどまらないけど。















合間に他の友人は
はりとお灸でお腹を温めてたり。
写真はないけど。


今の体がどんな状態にあるのか
血液データだけではわかるはずもなく

生活習慣とか
癖とか
立ち方とか
生い立ちとか
性格とか

いろんな事を聞いて話して
体や仕草を観察して

私はやっぱり触って
ヨガもするし
鍼灸もする。
からだを通してリーディングしている気分。

そうすると
ひとりみるのにすごく時間もかかるし
その分料金もかかる。
でもそれでも来てくれる人たちに
ちゃんと向き合える自分でいたいなあ。


日々の食事や生活の中での何か工夫ができるか
そんなことにも中医学やアーユルヴェーダの智慧は生きてくる。

栄養だけでは体はできず
ヨガのポーズや呼吸法、瞑想
ヨガという生き方がとても助けになる。


こころとからだ
体の元気がなければ心の元気も足りるわけもなく。


中医学的にはこれからの季節は
イライラわさわさしがちだし。


ホントの所の、自分のこころとからだの状態を知りたい
生活の中でどんな工夫ができるのかとか知りたい
もっと良くなりたい
癒やしたい癒やされたい
って方はおいでくださいませ。


新たにヨガクラスも始める予定です。
詳細はまた今度。

















2017年1月23日月曜日

分子栄養学 試験受けてみました。

第7期分子栄養学実践講座が終了。
今回で2回目の参加。
前回より言葉が通じるようになった。

一応前回に
認定カウンセラー試験の合格は頂いているのですが。

何となく流れと勢いで、今回は
認定指導医っていう試験を受けたんですけど。。。疲れた。
2時間ひたすら書き続けるってことがまずないですし。
難しいし。

なんかもう
すいません。。。
と言いたい。


いつも試験をやってもらっている側ですので
生徒さんの気持ちがよーっくわかる。

大変なことやってもらってるなあ。
でも
書いてアウトプットすることでわかることあったりで。

でもほんとに疲れたな。。


また次期も通うから
毎月のように京都に来るならもうちょっと京都も知りたい。



最近は個人でも
栄養カウンセリングの依頼が何気に増えてきております。
vedanaとして受けてますけども。

話だけじゃ終わらないし
栄養だけでその体と心ができているわけじゃないしね。

細胞から元気になろうとすると
あの手この手で
観て聞いて、結局触れて
パーソナルのセッションになってしまうなあ。
どうしても、必要だなあ。


いろんなことやってきたのはこのためかーってくらい
ここに来て役立ってます。
四十路はいいね。


なので
やりたことはやっちゃえばいいよって思う。
子どもがいるとか、関係ない。

分子栄養学の勉強だって
仕事につながることは全く考えてなかったけど始めて
やってみたら今までのこと全てがつながった。

こんなもんね。
よくできてますわ。


初めて講座の後に京都の町並みもちょこっと歩いたけども
京都って何かいいよねー。

2017年1月19日木曜日

バトンタッチ

先週末
YogaBody インストラクターコース第6期が終了いたしました。















新たなYogaBodyティチャーが誕生。















最後のデモクラス















かなりのハイレベルでした。















いつかみなさんのクラスにひょっこり参加しにいきます。















東京で行っているYogaBodyコースは
他の先生方にバトンタッチ。

私よりも指導経験の長い先生や
基礎コースではこのYogaBodyコースの卒業生が担当してくださいます。


私は神戸や他の土地でYogaBodyコースを担当いたします。

2月、3月にはYogaBodyを体験できる単発ワークショップもありますので
YogaBodyって一体何をやるのよって方はぜひ。


今年はヨガアライアンス500RYTも一部担当する予定。
いろんな所でいろんな方とお会いできるのを楽しみにしています。


今回は家族で上京。
私が仕事をしている間、丸一日東京駅で過ごしたわが家のKさん。
新幹線見放題。
うん、これは大人もちょっと興奮しますわ。かっこいいもん。
まだしばらくは、入場券だけで済みそうです。



2017年1月11日水曜日

陽がきてる

冬至も過ぎて
宇宙リズムで言えば
陰陽の陽の気が増してきているはず。

でも
これぞ冬の寒さ
という感じの気候。


そんな中でも
正月休みをまたいでも続く
保育園帰りの寄り道。

毎日同じ時間帯に
散歩しているので
すでに日が長くなっているのがよくわかる。
陽がきてます。



















吹きさらしの駅は寒いけども。


来週からはもう冬土用にはいる。

最近
自分で自分を治療中なのですが
色んな人の手を借りて。

土用の時期は脾胃が乱れやすい時期。
乱れてそのままいってしまえば
その後の春で肝の症状がつらくなりそう。
今の私には追い打ちをかけることになる。
どうやって過ごそうか思案中。


今年は
こういう自分のからだのセルフメンテナンスの方法とかも
伝えられる機会をつくっていこうかなあ。




今年の年明けは
おそらく
結婚して初めて
夫婦そろって休みでした。

電車に乗りたいという子どもと一緒に
人混み避けていろんなところに行ってぶらぶら歩いて
忙しいのかのんびりなのかよくわからないけど
いい年末年始でした。

2017年1月1日日曜日

vedana④ yield

若い頃から
早く40代になりたくて仕方なかったんですけど
その意味が40歳になってわかった気もします。
経験を重ねないとできないことってありますものね。

何回かに分けて書いてきて
何を言いたいかといえば 最近新しいセッションをはじめました
ということ。

今までだって
はり灸や整体、ヨガを通して人のからだに触れてきましたけれども。
そういう医療の傘からちょっと抜け出して
感じるがままに。

どんな風に行うのか、それはその人次第。
智慧とか技術とか私が今までやってきたこと全部
感覚という感覚をすべて使って。

原点回帰
初めて肉体をというものを持った時に戻る時間。

ヨガでもあるし
はりをするかもしれないし
その両方を同時にするかもしれないし
ただ触れているだけかもしれないし。

滞ったものが流れて
溜まったものも散らして
ふわっと浮いてたのが地に着いて
その人のからだを通してこころまで
今よりもっと穏やかに、ゆるっと
ほっこりと満たされた幸せな気分になれるように。

yield
= 生じる 明け渡す 手放す 譲る 与える 許す 身をゆだねる

そんな時間と空間。



そこでうまれた感覚を
より確かに持続するためにも物理的な肉体もしっかりしたい。

感覚的な、スピリチュアルなものの裏付けを取るように
分子栄養学的な血液検査の解析からカウンセリングもしていきます。

健全な精神は健全な肉体に宿る
というのは本当だと思う。

からだが変われば感覚が変わるし
感覚が変われば思考も変わる。
きっとそれは社会の未来にもつながる。

ヨガを広めること
全ての人に共通するからだを通して伝えていくこと
そんな活動を続けながら

新たにはじめたパーソナルセッション。
そのセッションのことを
何となく、ずっと頭のなかにある言葉
vedana ヴェーダーナと呼んでます。

必要な方、ご縁のある方はすでに会っているか
お互いにとって一番いいタイミングで会うことができそうなので。


からだは基本で依代。
yield
からだの無限の可能性に心を傾ける時間を持って欲しいと思う。
わたし自身も
わたしの感覚に素直に、ありのまま従えるようにしていきたい。

giftかどうかも確かではないけれども
これからの方が自分の感覚を真の意味で活かせる気がする


待ちに待った40代。また歳を重ねることが楽しみ。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



~vedana ヴェーダーナ~

受蘊(じゅうん)
からだで感じること
からだの智慧
からだに起こっていることをそのまま、ありのまま受け取る機能